あつあつ御膳

詳しくはTwitter(@atsuatsusweets)で。

『金色のコルダ 10years ヴォーカルコンプリートBOX』1曲ずつ所感④

 どうもお久しぶりです。ついに最後です。長かったですねえ……ってまあ、自分で勝手に長くしているだけなんですけども。

 そんなこんなで私がモタモタしている間に、待望の中間発表がありました。

 休業を発表された細谷さんが声を担当されている、芹沢睦くんの『ESCORT』の26位という大健闘っぷりが嬉しいですね。

 欲を言えば、作品ごとの順位も発表してほしいところですが。

 

 というわけで(導入がヘタ)、続きから所感まいります。

 

Disc10

1.星のカケラ

流れる星のカケラを

つかまえてお前にやるよって

子供の頃はなんでも

できるって信じてたんだ

 

キズついたこころが

声をあげて叫んでる

剥きだしの弱さが

ヒビ割れるほど痛くて

 昔は何でもできると信じていたけど今は……という象徴として用いられている「星のカケラ」という何気ないワードをタイトルに持ってくるセンスたるや……

 この辺りの響也の心境は、コルステ1stステージを観るとさらにグッときますね。

 

 サビのコーラスに●'zの方いません??????????????

 

2.DUAL VOLTAGE

DUAL VOLTAGE 激情のうねり

飲み込まれて漂え

DUAL VOLTAGE 溺れさせてやる

この陶酔の深海(うみ)の底まで

どこまでもついて来いよ

 も~~~~~~イントロで俄然テンションが上がります。

 この圧倒的強キャラ感最の高ですね。神南は初登場時のインパクトと「本当にコイツらに勝てるんか?」感が肝だと思っています。

 そして負けても散り様がまたカッコいい……

 

「Cメロは何が酷なの?」という些細な疑問も吹き飛ぶパワーソング是非イベントで聴きたいですね~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!チラッ!!!

 

3.海霧のかなたへ

ああ たとえそれが見果てぬ夢とついえても

ああ そこに望みあるのならば進もう

 

だから微笑を静かにたたえて 前を見つめよう

この胸のなかにすべて沈めて 越えて行こう彼方まで

信じたものだけが角灯(ひかり)と

 いい意味で八木沢部長っぽくない曲調なのですが、とてもイイ曲です。

 歌詞も紛れもなく至誠館……ひいては八木沢部長の生き様を歌っているようで、 ……うん……(泣いてる)

 

 Focus on 神南のイベントで、会場のロビーでこの曲が延々とかかっていたので首を傾げていたら、まさかその数時間後に生歌が聴けるとは思いませんでした。予習だったんですね……親切。

 

4.SUMMER BOYS!!!

SUMMER TIME

夏が来た!

SUMMER SKY

あっそばなきゃ!

心のアルバムいっぱい MEMORIES

SUMMER TIME

夏だから!

SUMMER SKY

とくべつ!

たまには3人 はしゃぐのもアリで

元気つけて行こう!

 まさにこれからの季節にぴったりの曲。

 すごく……イベントで流れそうです……

 

5.Silver Lining

夏の嵐を通り抜ければ またすべてが輝きだす

洗われた青い空が 無限に連なり続いてく

たとえいまは見えないままでも あの雲の上からいつも

太陽は俺たちを 照らしているはず

 これからの自分たちの道なり、行く末を晴れた青空に例えた佳曲。

 本当に『3』のコンセプトはまさに“BLUE SKY”なんですよね……直訳するとただの“青空”なんですが、その中にいくつもの意味が込められているからスゴイ。

 

 ところで、この曲を聴くたびに、星奏学院祭で「Lalala……」と歌いながら捌けて行った小西さんと内田さんを思い出してブホッとなります。

 

6.疾風怒涛 -MEIN HERZ-

拍動する心臓よ 俺の全て

報いを与えることが 俺の命

鳴動する心臓よ 俺の魂

叩きのめすことだけが 俺の血潮

DU BIST MEIN HERZ 誰にも渡さない

 冥加の曲を聴いていると、語彙力がバキバキに鍛えられますね。

 

 相変わらず「乙女ゲーですよね?」と問いただしたくなる内容ですが、「誰にも渡さない」に愛憎入り混じる感情がよく出ていて、かなでちゃんのある意味での存在の特別さがよくわかります。

 

7.君のすべてを

君だけを 君のすべてを

ひとり占めして 抱きしめていたい

ああ本気だよ ああ嘘じゃない

罪なまなざし

君って子は、ホントに――

 他のキャラクターの恋愛度の低さを1人で補ってる感が半端ないですね。

 なんか……スイマセン……こんなに想ってくれはって……

 

8.TE AMO! TE AMO! by ハイパー☆ラッキーマン

Te amo! Te amo!

愛してるよ

世界中で君が一番

Te amo! Te amo!

ハイ指きり

信じていいよ だってオレは

君の恋人 ハイパー☆ラッキーマン!!

 すごい90年代のような懐かしメロディ。

 新は一緒に前向きになれる彼氏ですね……強し。

 

9.MAKE U MINE

キスを MAKE ME WILD

おあずけなしだ

聴けよ MAKE U LOVE ME

惚れるだろ

しがみつけ 離れるな 笑え しあわせに

うなずくまで許さない このまま

(※ここから読まなくていいです)

 

 あの~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~も~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いいすか??????????? 自分いいすか?????? 泣いていいすか…………??????????

 夢女子の極致でしょ…………パラダイス極まれり…………

 歌詞はほぼ命令形で、「関白宣言か?」って感じなんですけど、その全部が温かな愛に満ち溢れていて圧倒的彼氏力……

 それであの~~~~~~~~~~~~~~~~どうして「笑え」ないか、「うなず」けないかわかりますか……それ……泣いてるからですよ……あまりにもしあわせすぎて…………でも「うなずくまで許さない」と言いながら泣き止むまで待ってくれてるんですよ……「このまま」……「この腕の花園」で……余計泣いちゃうでしょ……

 それにしても歌詞の完成度が高すぎである……大気圏超えている…………

  歌詞は歌詞として歌もヤバすぎでして……いや谷山紀章氏なので歌唱に関してはまっっっっったく心配していなかったんですけど、上手すぎるというのも問題…………情感こもりすぎて尚更泣いてしまう……最後の「I'LL MAKE U MINE」から涙で歌詞カードが読めた試しがありません無理……つらい……好き…………ウッアア…………

 

(※ここまで読まなくていいです)

 

10.恋い蛍

呼んで 呼んで 舞い飛んで

その身捧げて 呼ぶ蛍が

恋うて 恋うて 焦がれて

その身燃やして 恋い蛍

嗚呼 待ちきれない 逢いとうてたまらない

あんたの傍でいつか 燃え尽きて眠りたい

 これぞ真骨頂感がやばいですね。

 歌詞は、いつもの石川絵理さん節。この一曲でまるごと土岐蓬生履修できます。

 えーと、スナックかバーのママなのかな?

 

11.ずっとオレのそばで

ひとりよりふたりで 一緒に変わっていこう

ダメなところだって もっと変えられる

まぶしいその笑顔 他のヤツに見せんな

ずっとオレのそばで そうだ 笑ってろよ

 いや~~~~~~幼馴染み最高。

 普段素直じゃない響也が長年の想いを自覚して、「お前が本当に ああ 好きなんだって」と歌っていると考えると、なかなか胸に迫りますね。

 

12.2nd STAGE

風の音変わりはじめた

過ぎて行く季節の声が

俺たちも変わっていこう

また次のステージで

 先日コルステセカンドステージのDVDを観ていて、響也の「律が変わったんだ、ヴァイオリンだって変わっていいじゃねえか」というセリフでなんだかこの曲を思い出しました。

 一度絶望して、そこから立ち上がってからの次のステージ(2nd stage)なんですね……泣いた。

 

13.River ~想いは満ちて~

愛しています 約束します

必ず大切にすると

僕のなかに こんなにもいま

想い満ちているから

 なんて真摯…………??

 こんなに八木沢部長に想ってもらえるなんて地球上の全女子の本望ですね。

 

14.キンセンカ

うまい言葉 見つからねえ

だけどちゃんと 伝えたい

ずっと一緒に 歩くために

なんど夏が 来ようとも

この気持ちは 変わらない

あんたは胸に咲いたキンセンカ

 キンセンカ(金盞花)の花言葉は、「慈愛、静かな想い、初恋」だそうです。

 不器用な自分の想いを花に例える火積にウッ…………(語彙)

 

15.薔薇の奇蹟

夏に咲いた君は僕の奇蹟

愛を知って もう一度生まれた

I want nothing

I want noting,but you...

『Laboratory Love』で恋が何なのかわからずにいた天宮くんはもういないんですな……

 そしてこの後に『ETERNAL GARDEN』を聴くともう言葉にならない……成長したね……

 

Disc11

1.Music Bless You ~音楽の祝福を~

音楽の祝福を

すべての心に愛を

光瞬く未来(あした)を

お前と生きていこう

 Disc1の1曲目がリリから始まり、通して聴いて最後がこの曲とかもう泣いちゃうんですけど…………

 『金色のコルダ』という作品全体を象徴するような歌詞ですね。それを歌うのが金やんというのがまたニクい演出。好きになっちゃうんですけど……(何度目)

 

 

 というわけで、ひととおり全曲所感終わりました。

 もしここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、最後までお付き合いくださりどうもありがとうございました。

 

 いやしかし、これだけ書いても、このBOXに収録されていない曲あと何十個もありますからね。

 なんなら現在進行形で増え続けていますからね。本当はまだ書きたい曲もいくつもあるのですが、キリがなくなってしまうので……あと疲れました。すみません。これ以上は体力が持ちません。

 

 総選挙投票期間はあと数日ありますし、引き続き推しへの票を欠かさず入れ続けながら最終結果発表に臨みたいと思います。それでは!

 

f:id:atsuatsusweets:20170608012024j:plain

▲カラオケでも総選挙活動。他ゲームの曲がウッカリ紛れ込んでいますけども……