あつあつ御膳

詳しくはTwitter(@atsuatsusweets)で。

2017年に観た映画を主観的に語る

 今年もやりますこの企画。

f:id:atsuatsusweets:20171209170220p:image

▲今年も借りますいらすとやさん。

 

 ありがたいことに、「今年も映画講評を見たい」というお声をいただきました。

 正直、こんなん私以外誰が楽しいんじゃ……と思っていたのでとても嬉しいです。ありがとうございます、そんなあなたの声でこのブログは生かされています。

 

 昨年は上半期と下半期で分けましたが、今年はそんなに数を観ていないので一気に参ります。

 

 

◼️名探偵コナン から紅の恋歌

 f:id:atsuatsusweets:20171209170925p:image

▲別名:石川英郎さんを探す映画(開始1分で殺されても警官役とかでちょいちょい居る)。

 

 コナン映画では『迷宮の十字路』が一番好きだったので、それに似た和の雰囲気を感じる本作も楽しみにしていたのですが、百人一首」「紅葉の情景」「幼馴染みの恋模様」などが上手く絡んでとても最高でした……!

 思わず3回劇場へ観に行きました。こんなにヘビロテしたコナン映画は初めてですわ……(純黒は2回)

 

 前評判としては観に行く前、Twitterで散々服部平次の夢女子になる映画」というのが回ってきて、(イヤイヤ言うてそんな……)と疑心暗鬼でいたのですが、

f:id:atsuatsusweets:20171209172304p:image

 忘れていましたが私、初恋の相手は服部平次でした。思い……出した! 無事でいられるわけがなかったです。

 でも和葉ちゃんとのことはマジで応援してます。紅葉ちゃんも頑張れ……! でも執事が小野大輔なのはズルいゾ。

 

 主題歌の『渡月橋』も倉木麻衣さんも大好きなので、最近歌番組でお見かけする機会が多くて嬉しいです。

 

 

◼️帝一の國

f:id:atsuatsusweets:20171209173411j:image

 ▲オリジナル展開はあったものの、個人的にはあれもアリかなと思いました。

 

 帝一は舞台の印象が凄まじすぎたので、実写映画化の報が出ても「どうせ駒先輩は細貝くんじゃないんだろうナ〜〜」と生意気にも斜に構えて見ていた節がありました。

  しかし蓋を開けてみれば、舞台とはまた違った帝一の世界が広がっていました。

 映画も映画で、原作をなぞりながらも要所要所がいい意味でぶっ飛んでいて、面白かったです。菅田くんもいい怪演っぷりでした(褒めてます)

 応援上映も行きたかったなあ、間宮くんに向かって「いいお尻〜〜!」とか叫びたかったです。

 

 

◼️夜は短し歩けよ乙女

f:id:atsuatsusweets:20171209174616p:image

▲こんなん居ましたよね(雑)。

 

 志望大学が文芸系のところだったもので、 受験に向けて小説をたくさん読まねばならなくなった時に森見登美彦作品には本当にお世話になったので、本作が映画になると知った時は嬉しかったです。絶対映像向きな作品だと思ってたので……。

「このシーンあったなあ、こんなふうになってたのか」と映像になることで新たな発見も多々ありました。

 

 原作を読んでいる時から学園祭事務局長がマジで好きだったので、想像通り格好良くて終始ニコニコしていました(私が)。

 世界観が微妙に繋がっている『四畳半神話大系』も面白いので是非。初めて読んだ時は、「伏線が綺麗に回収されてくって、こういうことなのか!」と衝撃を受けた記憶があります。

 

 

◼️KING OF PRISM PRIDE the HERO

f:id:atsuatsusweets:20171209180024p:image

▲THUNDER STORM SESSION……アツい。

 

 どう見ても続くだろうという終わり方をしたキンプリから、1年での続編は嬉しいですね。

 後半のライブパートは圧巻でしたね……CGも綺麗で演出もすごく良くて、最後の戴冠とか特にヒロ様クラスタではない私も気付いたら涙してましたもんね。こりゃ本当にファンの人たちは大変だったろうなァ……。

 

 映画を観た後、しばらく何のキャラソンを聴いても脳内で3DCGのキャラが踊り出す映像が流れる現象に見舞われたので困りました。影響力強すぎですよ!!

 

 

◼️銀魂

f:id:atsuatsusweets:20171209204837p:image

▲CMでよく流れていた、カブト狩りは結構序盤。

 

 正直、「あまりにも実写でギャグかっ飛ばしすぎると逆に寒くならない?」と割とナメきっていたところはありました(失礼すぎる)。

 紅桜篇という原作の人気エピソードを実写化するって、結構な冒険だと思うんですよね、人気なぶん風当たりも強いでしょうし。

 その大筋を上手くまとめつつ、更に途中に怒涛のパロを挟むという笑いも絡めていて、1本の映画作品としてよくできていたと思います。

 

 観終わった後、隣に座っていた女性が連れの方に「(堂本)剛の脚見たァ??!?!」とキレ気味に語っていたのが印象的でした。

 見たよ、綺麗だったな(心の声)。

 

 

◼️美男高校地球防衛部LOVE! LOVE! LOVE!

f:id:atsuatsusweets:20171209210106p:image

▲この絵だけ見て「何のアニメでしょう?」って訊かれても答えられそう。

 

 たった60分でしかもほぼ本編のダイジェストだったにもかかわらず、元々の作品の持ってるユルさも相まって楽しめました。

 ひたすらキャラソンを聴きたくならせる構成は卑怯。

 

 これで『美男高校』という作品も1つの区切りを迎えたのだと思いますが、何かの拍子にふと肩の力を抜いて観たくなる良いアニメでした。

 制作黒玉湯よ、石田彰を使い捨てた勇姿を私は忘れない……。

 

 

◼️GODZILLA 怪獣惑星

f:id:atsuatsusweets:20171209210918p:image

▲急にSFになってて戸惑いました(シン・ゴジラで脳が止まっている人間)。

 

 主人公が宮野真守でキャラデザがコザキユースケで脚本が虚淵玄で、ってもう観に行くしかねーなコレと電車を駆ったわけですが、終始口が開きっぱなしでした。

 いや、普段まったくSF慣れしてない上にバカなので、登場人物の言ってることに追いつくのも大変でした。虚淵は頭がいいな……。

 

 途中から話がようやくわかってきてからは(遅い)面白く観ていましたが、これ1作で完結するものと信じ切っていたので、まさか3部作とは思わず驚愕しました。ま、まあ観に行くとは思いますけど……。

 

 映像的な面でいえば、CG技術もここまで進化したか〜〜! と終始口が開きっぱなしでした(二度目)。

宝石の国』もありますし、あとはキンプラやプリパラのライブシーンを見ても、最近のCGって本当スゴいですよね……圧倒されますわ……。

 

 

◼️おわりに

 

「そんなに数を見ていない」と言いつつ、書いてみると結構長くなってしまいました。

 観たい観たいと言っていて結局観に行けなかった作品にポケットモンスター キミに決めた!』打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』『Fate/Stay Night 〜Heaven's Feel〜』などがあるのですが(Fateはまだ間に合うかもしれませんが)、映画は一期一会だと思って、来年は観たい映画は早めに観に行くようにしようと思います。

 まあ、今のところ『ときめきレストラン』は確定しているので、来年も映画記事が書けそうです。その時はまた、どうぞよろしく。