あつあつ御膳

詳しくはTwitter(@atsuatsusweets)で。

映画『娼年』に心まで強く武装して臨んだ話

 

https://twitt.chttps://twitter.com/shonen_movie/status/999939745315569664om/shonen_movie/status/999939

  R18作品の応援上映楽器OKって何だ)という勇気ある決断で話題の映画『娼年』を観てまいりました。

 

 友人と観に行ったのですが、あえて席を隣同士で取らず前後にしたのは今思えば賢明な判断だったと思います。

 どんな顔して観るのが正解なんですかねこれ……。私は終始、

f:id:atsuatsusweets:20180529030325p:plain

 意味もなくハラハラしていました。

 また劇場内は意外にもカップルが多く、他人事ながら(ええんか……?)と別の意味でもハラハラ。

 

 大まかなあらすじとしては、普通の大学生である松坂桃李くん演じる主人公が、ボーイズクラブのオーナーに誘われて娼夫として働くことになり、さまざまな欲望を持つさまざまな女性と……というお話です。

 松坂桃李くんといえば少し前まで観ていた朝ドラのイメージが大きかった私は大変驚きまして、ずっと頭の中で在りし日の藤吉はんの姿が思い返される始末(わろてんか)。f:id:atsuatsusweets:20180529035037p:plain

 R18映画を観るのも初めてでして、(まあ言うて雰囲気でヤッた感出して朝チュンフィニッシュっしょ)とかなりナメくさっていたんですけども、実際は最初から最後までセッ! セッ! セッ! でした。

 女優さんの胸があまりにボロンボロン出るので、桃李くんの桃李の方は大丈夫か……? と要らぬ心配をしたのですがまったく杞憂でした。でも桃尻ならいくらでも拝める

 

 しかしまあ詳しくは言えないんですがね~~~「さまざまな人間の欲望に応える」っていう娼夫たる主人公の特性上、結構な特殊プレイもありまして……。

 中には私的にマジで勘弁被りたいものもあり、目と耳を塞いで耐え抜いたシーンもありました。イケメンに惑わされてはいけない。

 まあサングラスはしばらく笑っちゃいましたけど……

  

 人によっては下手すると地雷を踏み抜かんばかりの勢いかもしれませんので、怖ければ初っ端から応援上映に行ってタンバリンをリズミカルに打ち鳴らしてくるっていうのも一つの手かと思います(適当)。

 それで観終わった後は、

f:id:atsuatsusweets:20180529035021p:plain

 途方もない疲労感

 演者さん方もさぞ大変な肉体的疲労があったと推察しますが、観ている我々も連続セッを休む間もなく見せられて精神的にクッソ疲れる。絶対飲み物買ってください。

 

 ネタバレを避けすぎてふんわりした感想しか言えないので何一つ伝えられていないと思いますが、最後に腐女子から一言物申させていただくとすれば、

  以上。アデュー。

5315569664